安心できる品質

中古物件の不安

白を基調とした部屋

brilliaと他の一般中古マンションとの違いには、不安要素を解消できるかどうかという部分が特に大きな要素を占めています。信頼度の高さで選ぶなら間違いなくbrilliaだと断言できるだけの品質管理体制が整っているため、安心して住める中古マンションを探したいなら選ぶべき選択肢は決まっているようなものです。
中古物件を購入するということは、新築と違って前の入居者がどのような物件の使い方をしているかわからず、劣化状況も購入前にはわかりにくいという不安があります。特に、見えないところでトラブルが隠れていたとしたら、実際に住みだしてから発覚するケースも少なくありません。新築物件ならまずありえないこの欠陥要素に対して、他の中古マンションと比較して圧倒的に信頼できる保証体制が整っているのが、brilliaというマンションブランドの強みです。
中古マンションの信頼度を高めて安心して購入できるために設計されたbrillia認定中古マンションという制度は、住居購入においてとても大きな信頼感を生みます。

瑕疵保証の安心感

一般の中古マンションとbrillia認定中古マンションとの間に存在する差は、入居してから発覚する可能性のあるトラブルに対して圧倒的に長い保証期間が設定されているというところにあります。
例えば、住宅の売却時には不動産屋の査定が入るのが一般的ですが、brilliaブランドにおいては外部の業者による徹底的な検査が行われます。この段階ですでに、他の中古マンションとは一線を画する保証体制が整っているといえます。あらかじめ検査がなされてトラブルが発生しようもない状態だと保証できるのは、買う側にとって安心できる理由を作ってくれます。
加えて、検査をした上でもしも物件にトラブルが発生した場合、保証する箇所に該当するものなら2年間の保証期間が設定されていて、修理費用が保証会社から支払われるという安心感があります。一般のマンションでは給排水管で3ヶ月、住宅設備においては1週間を超えた段階でトラブルに対する売主の責任がなくなるため、トラブルに対する安心感の違いはbrilliaと一般マンションでは歴然の差があることもここからわかります。
さらに、保証会社が保証するのか、売主自身が責任をもつのか、という点から考えても信頼度の違いは明らかです。brilliaなら2年間保証会社の保証を受けられる保険が付いているといえるわけですから、万が一のトラブルが起きても安心です。
そもそも、それだけ保証できるのは検査が行われていて、トラブルが起きないという前提条件があるからだともいえます。瑕疵保証の安心感から考えて、brilliaは物件の品質だけでなく、信頼度から見ても他の中古マンション以上の価値があると断言できます。